マツコの知らない世界|シャボン玉の作り方レシピを公開!

マツコの知らない世界
スポンサーリンク

2017年11月7日に放送の『マツコの知らない世界』に出演したシャボン玉ブラザーズこと杉山兄弟が気になったので、いろいろとリサーチしてみました!シャボン玉ブラザーズの年収経歴、そして、シャボン玉ブラザーズが調合しているシャボン液のレシピまで公開しちゃいます!

スポンサーリンク

シャボン玉ブラザーズ杉山兄弟 驚愕の経歴!

50年以上もシャボン玉に魅了された杉山兄弟が今までに残してきた偉業をご紹介したいと思います!

①ポピュラーサイエンスから称賛!

ポピュラーサイエンスとは、1872年から月刊誌としてアメリカで創刊された世界的な科学雑誌です。

その雑誌の中で「科学を面白くする人100人」に杉山兄弟が選ばれたという輝かしい経歴があります。

世界中の子供たちから愛されているシャボン玉は家庭で遊べる科学の基本といえますから、ポピュラーサイエンスの目にとまったのではないでしょうか。

 

②世界最長のシャボン玉記録保持者!

シャボン玉を極めた杉山兄弟が持つ世界最長の記録は、なんと驚愕の20メートルです!

さすがに直径20メートルの球形シャボン玉ではなく、長いトンネル上のシャボン玉ですが、

長さにしてオフィスビルの5階あたりがだいたい20メートルですから、想像しただけでも凄いですよね…。

 

よほど粘着性のある頑丈なシャボン液じゃないと割れてしまうと思うのですが…。

シャボン玉ブラザーズ杉山兄弟が開発した、強力なシャボン液のレシピは下の方で記述していますのでお楽しみに~!

 

③毎分100万発のシャボン玉!

杉山兄弟が作るシャボン玉は大きさだけが凄いわけではありません。

なんと、スピードも驚愕の記録を持っているのです。

 

1983年に樹立した記録は、まさかの毎分100万発

 

1秒間に16,666発のシャボン玉ですよ!

ファミコンの高橋名人でさえ、1秒間に16連射だったというのに…!

 

④球形シャボン玉も凄い!

先ほどは「長さ20メートル」のシャボン玉をご紹介しましたが、

なんと球形のシャボン玉も直径4.2メートルという記録を1990年に樹立しています。

 

成人男性が2人分入っても少し余裕があるくらいのシャボン玉を想像すると、かなり大きいシャボン玉だったと想像ができますね。

シャボン玉ブラザーズ杉山兄弟は本当に凄いです!

 

⑤世界初!「シャボン玉ショー」の開催!

シャボン玉をエンターテインメントとして世界で初めてショーを行ったのは、何を隠そうこの杉山兄弟だったというのですから驚きです。

シャボン玉の大きさやスピードのバリエーションだけで、観客を魅了し続ける杉山兄弟は世界的にスゴイエンターテイナーなんですね。

 

シャボン玉ブラザーズ杉山兄弟の年収が凄い!

日本テレビ系で深夜に放送されている「ワケあり!レッドゾーン」という番組で、2015年に杉山兄弟が特集されていました。

番組内で発表された杉山兄弟の年収はなんと1億円

 

シャボン玉を仕事にした当初は貧乏だったそうですが、気が付けば稼げるようになっていて年収は1億円に達していたんだとか…!

30代のころには、ベンツやフェラーリを乗れるようになっていたそうなので、今はもっと稼がれている可能性もありますね。

 

シャボン玉ひとつでここまで成功するって凄くないですか?

シャボン玉にかける情熱が実るってカッコイイです!

 

なんで杉山兄弟はそんなに稼げるの?

シャボン玉ブラザーズが凄い方達なのは充分に分かったのですが、なぜ1億円も稼げるのか?って、ちょっと疑問ですよね?

実は、杉山兄弟はシャボン玉ショーの依頼を公式サイトで受け付けています。

こんな感じのショーですね↓

芸能人が結婚式の余興に呼ばれる感じと似ていますね。

杉山兄弟のシャボン玉ショーは、30分の公演を2回行って40万円の費用が掛かるそうなので、これに交通費なども支払うと考えると気軽に呼べるものではありませんね…。

ショーの他にも、『人気バンドSEKAI NO OWARI』『乃木坂46』や『ディズニーランド』などのシャボン玉演出も手掛けていたりと、裏方としての活躍もされています。

 

杉山兄弟は本も出している!

杉山兄弟は1993年に児童用の本も出版しています。

『杉山きょうだいの しゃぼんだまとあそぼう』という本ですが、子供たちが楽しそうにシャボン玉で遊んでいる写真が多数掲載されている内容です。

マツコの知らない世界を見て、杉山兄弟のファンになった方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

 

杉山兄弟のシャボン玉レシピを公開!

ここでは、ご家庭でも簡単に作れる杉山兄弟のシャボン液レシピをご紹介します。

 

材料はこちら!

材料はすべて簡単に手に入るものばかりですので、ぜひお子さんと遊んでみてはいかがでしょうか?

 

①精製水:500ml

精製水ってなに?と思われた方もいると思いますが、

身近なものでいうと↓

  • コンタクト洗浄液
  • 浄水器の水
  • 沸騰させてから冷ました水

を使うことができます。

 

②粉末ゼラチン:2.5g

お菓子づくりに使用するゼリー粉を使用します。

街のスーパーなどで簡単に手に入れることができます。

 

③液体せっけん:140ml

脂肪酸カリウムが含まれている台所用洗剤を使うことができます。

 

④ガムシロップ:5ml

小さじ1杯がちょうど5mlです。

アイスコーヒーに付いてくる小分けされたガムシロップ1つが4.5~5mlなので、分かりやすいかもしれません。

シャボン玉を割れにくくする効果があるので、足りないと感じた場合は追加しても良いと思います。

 

⑤ラム酒:5ml

シャボン玉の表面をキレイに見せるため、ラム酒のアルコールが蒸発する現象を利用するんですって!

大きさだけでなく、見た目も美しいシャボン玉を追及しているあたりがさすがですよね。

 

⑥炭酸水:10~20ml

炭酸水の保湿成分を利用して、割れにくいシャボン玉になる。

 

シャボン液の作り方

  1. 鍋に精製水とゼラチンを入れて、60℃まで加熱
  2. 沸騰しないように注意する
  3. 粉末ゼラチンを入れてから40℃に冷ます
  4. 液体せっけん、ガムシロップ、ラム酒、炭酸水を入れてかき混ぜる
  5. 試しにシャボン玉を吹いてみる
  6. 伸びが悪い場合は炭酸水を入れて濃さの調整をする
  7. 泡立てずにゆっくりと混ぜる
  8. 1時間おいて完成

 

作ったシャボン液の保存期間は約1週間ほどですので、古くなったらまた作ってください。

火をつかう工程がありますので、お子さんだけで作るのは危険です。ご注意ください。

 

食べられるシャボン玉がAmazonで買える!

マツコの知らない世界で取り上げられていた食べられるシャボン玉がAmazonで扱われていました!

輸入品なので少しお値段は高い気がしますが、子供たちとのパーティーなんかにはぴったりのアイテムだと思います。


BubbleLick Safe Edible Party Blow Bubbles Pack of 6 Bottles [並行輸入品]

 

まとめ

日本には世界に誇るシャボン玉マスターがいたんですね~。

なんだか平和なエンターテインメントで、心があたたまりますよね。

幼稚園や小学校での余興にシャボン玉ブラザーズ杉山兄弟を呼んでみるのも良いかもしれまえせんね!

スポンサーリンク