春のゆらぎ肌|スキンケアは原因別に対策を!

いつもと同じようにスキンケアをしているのに、なんだかいつもより肌の状態が悪い…と感じるのがゆらぎ肌です。

ストレス、睡眠不足、生理の前後…などゆらぎ肌になる原因は1年中あります。

 

その中でもゆらぎ肌を引きおこす原因がとくに多い季節なんです。

原因を知ってに適切なスキンケア対策をすることで、いつも状態の良い肌でいられます。

 

それでは、なぜゆらぎ肌になってしまうのか?

その原因スキンケア対策をご紹介していきます。

 

スポンサーリンク

意外に春は空気が乾燥している!

 

空気が乾燥しているのは冬だけではありません。

1年を通してみると春の湿度は冬の次に低いんです。

 

春はどれくらい乾燥している?

気象庁が発表している2017年東京の平均湿度を見てみましょう。

湿度の低い順に並べてみました↓

  1. 2月…49%
  2. 1月…53%
  3. 12月…56%
  4. 3月…60%
  5. 4月…66%
  6. 11月…67%

上記以外の月は70%以上の湿度があります。

 

意外なことに秋の11月よりも春の3・4月の方が平均湿度が低いんですね。

4月が乾燥してる、という意識はあまりないですよね…?

 

春は保湿をおろそかにしがち?

振り返ってみると、春は冬ほど念入りな保湿はしていなかったりしませんか?

 

秋から冬に変わる時期は北風も吹いて、スキンケアは保湿を重視するようになっていきますよね。

化粧品メーカーからも保湿をメインにした新商品が続々発売されたりする時期なので、自然と保湿を意識しやすいです。

 

一方で冬から春に変わる時期、暖かくなってくるとなんとなく湿度も上がっている気がしませんか?

これは体感的なものであり、実際は湿度はそこまで上がっていません。

 

化粧品メーカーからは春色メイクの新商品が続々発売されて、保湿はあまり意識しない季節ではないでしょうか?

この油断がゆらぎ肌に繋がってしまう恐れがあるのです。

 

春も冬と同じスキンケアを継続

春のゆらぎ肌の解決策の一つとして、春も冬と同じスキンケアを継続することをオススメします。

 

さきほど紹介した平均湿度のデータから見ると、4月いっぱいは冬のケアのままで良いのではないでしょうか。

加湿器なども4月いっぱいは使った方がよさそうですね。

 

紫外線の増加

春も夏と同じくらい紫外線が強い、と言われていますが実際どうなのでしょうか。

 

春も夏と同じくらい紫外線が強い?

気象庁が発表している2017年東京の平均紫外線指数です。

紫外線指数の高い順に並んでいます↓

  1. 7月…6.8
  2. 5月…5.7
  3. 6月…5.6
  4. 8月…5.5
  5. 9月…4.5
  6. 4月…4.4
  7. 3月…3.2

 

上記以外の月の指数は0~2で「弱い」に分類されています。

こうしてみると8月よりも5月・6月の方が紫外線が強いんですね。

 

夏と同じくらい紫外線が強いどころか、

春は夏以上に紫外線が強いです!

 

3月から紫外線対策を!

急に日差しが強くなり始めた春先、うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまうことってありますよね。

紫外線の増加に対して適切なスキンケアをしていないことが、ゆらぎ肌へと繋がってしまいます。

 

3月の時点で既に紫外線紙数は3.2「中程度」あります。

春のゆらぎ肌対策として、日焼け止めは3月から使用することをオススメします。

 

日焼け止めは低刺激なものを使う

ゆらぎ肌対策の日焼け止めは、これ以上肌にストレスを与えないよう低刺激なものを選びます。

 

無香料・防腐剤(パラベン)無添加のものを選ぶ、これは化粧水や乳液などにも言えますよね。

ゆらぎ肌対策の日焼け止めを選ぶとき、とても重要なのが紫外線吸収剤無添加のものを選ぶことです。

 

紫外線吸収剤って何?

紫外線吸収剤の役割をザックリ説明します。

  1. 肌の上で紫外線を吸収
  2. 化学反応を起こして紫外線を熱に変化させる
  3. その熱を放出することで肌を守る

 

肌の表面で化学反応を起こすため、肌には相当なストレスがかかります。

 

また紫外線吸収剤の成分は化学的に合成されたもので、ナチュラルな成分ではありません。

これらのことから紫外線吸収剤入りの日焼け止めはゆらぎ肌対策には向いていません

 

ここまで紫外線吸収剤のデメリットばかり紹介しましたが、最大のメリットは紫外線を強力にブロックするという点です。

日常使いには無添加のものを、長時間のお出かけやレジャーの際にだけ紫外線吸収剤入りの日焼け止めを、と使い分けるといいですね。

 

他に考えられる春のゆらぎ肌

この他にこんなことが春のゆらぎ肌の原因となります。

 

花粉などの外部刺激

春は花粉などの外部刺激が増加します。

他には黄砂やPM2.5なども飛散してきます。

それらが肌に付着すると、ストレスとなりダメージを与えます。

 

環境の変化

春は環境の変化が多い時期です。

  • 進学・就職・人事異動
  • 引っ越しなどの住環境の変化
  • 人間関係の変化

などなど。

現代病とも言われるゆらぎ肌、原因はたくさんありますね。

 

昼夜の温暖差

春は昼夜の温暖差が激しいです。

私はお花見の時など特に実感します。

 

昼のお花見は上着が無くても大丈夫なくらい暖かいのに、夜はダウンを着たいくらい寒い!って思う時ありますよね。

その激しい温暖差がやはり肌にもストレスとなります。

 

ゆらぎ肌対策に!おすすめスキンケアアイテム

ゆらぎ肌対策におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

 

管理人

当ブログで、ゆらぎ肌に悩む女性50名にアンケートを実施しました!

その結果から特にオススメなゆらぎ肌対策となるものをご紹介します。

実際に使用している方々の感想も記載していますので、参考にされてみてください。

 

ゆらぎ肌対策!おすすめ化粧水

春のゆらぎ肌対策に、低刺激で保湿力抜群な化粧水をご紹介します。

 

dプログラム モイストケアローションW【資生堂】

医薬部外品の化粧水です。

実際に使用している方は皮膚科医に勧められたそうなので、安心して使えますね。

アンケート回答者 30代

化粧水と同じシリーズのクリーム、化粧水とクリームの間に使用する同じシリーズの美白美容液を愛用中です。

子どものころはひどいアトピーに悩まされ、医療機関にかかっていました。皮膚科医に勧められ、使うようになったこのシリーズです。

それまでは、ものによっては、化粧水や乳液でヒリヒリピリピリし、赤みを帯びる商品もありました。

この商品はとくに乾燥が気になる私にとって、とくに保湿に重点を置いたもので、私の肌にも合っています。

ボトルもプッシュ式なので、一定量出ることも気に入っています。

 

 

敏感肌用 高保湿タイプ(大容量)【無印良品】

大容量ということで一般的なボトルの2倍の400ml入りです。

お手頃価格の化粧水なら惜しみなく使えますね。

アンケート回答者 30代

コスパが素晴らしい化粧水です。私は超敏感肌で特に季節の変わり目なんかは肌が不安定なことが多かったです。

この化粧水と出会ってから、ゆらいでいた肌が改善されまさした。2000円以下ですが、値段以上の効果を発揮してくれています。

惜しみなくたっぷりとつけられるところも気に入っています。

やはり肌にはシンプルなお手入れか1番だと思います。

この化粧水はムダなものが入っていないので、毎日安心して使用することができます。

アンケート回答者 20代

敏感肌で乾燥肌の方にはぴったりの高保湿化粧水です。

私は敏感肌なので、よく化粧水などで顔が荒れたりしてしまっていたので、口コミなどで高評価だったこちらの商品を購入しました。

使ってみるとお風呂上がりでもその保湿力はかなりのもので、他の化粧水ではつっぱってしまうのにこちらではつっぱったりしませんでした。

また肌荒れもありませんでした。

オススメのもう一つの理由は、金額です。

安いため、ドバドバと使っても大丈夫です。

 

ムーンパール モイスチャーリッチ ローション【ミキモトコスメティック】

真珠で有名な、ミキモトのコスメです。

真珠から抽出した保水成分やコラーゲンが入っています。

アンケート回答者 40代

私はもともと脂肌だったのであまり乾燥対策をしたことがなかったのですが、40代半ばになると脂っぽいところと乾燥したところが出てきて手入れに困るようになりました。

私たち世代にミキモトコスメティックが合うと人に勧められて化粧水を使ってみました。

するととても肌なじみが良くて、脂っぽいところは抑えられ乾燥したところはしっとりとするようになりました。

それ以来ずっと使い続けています。

さっぱりしたタイプとしっとりタイプがあるので季節によって使い分けています。

 

 

ゆらぎ肌対策!おすすめクリーム

 

ニベアクリーム

誰もが知っている定番アイテムです。

近年では人気が再燃していて、ニベア青缶の良さが雑誌などでたびたび紹介されていますよね。

アンケート回答者 30代

私がオススメする商品は、ニベアの青缶クリームです。

保湿力はもちろんですが、何よりも価格が安いということと、どこにでも置いているので手に入れやすいです。

安いので惜しみなくたっぷり使えるのもいいところです。

寝る前に多めに塗ってから寝ると次の日の朝お肌がとてもしっとりしています。

乾燥しているときに使うと効果がすごくわかりやすいです。

身体に使うだけでなく顔にも使えるので全身使えます。

子供にも使えるみたいなので、肌が弱い私も安心して使えます。

アンケート回答者 20代

私がこのニベアのクリームをオススメする理由は、まず私が実際に使用して感じたことですが肌につけると伸びがよく、白いクリームだったのがするするとオイルのようになり、保湿力が非常に高いと感じました。

また、顔だけではなく全身に使えるので、この寒い乾燥した時期には特にひざやかかとを中心に、夜寝る前にはかかさず至るところに塗っています。

保湿力もあり、全身に使える上に、販売されている店が多く値段もプチプラでコスパもいいのでとても重宝します。

 

 

メディプラスゲル【メディプラス】

1本で化粧水、乳液、美容液、クリームを兼ねているので洗顔の後はこれ1本でスキンケアが完了します。

@コスメでランキング1位を受賞しています。

アンケート回答者 40代

私はかなりの乾燥肌で、今までさまざまな保湿関連の商品を使ってきました。

その中でこちらの商品はたった1本で潤いを与えてくれ、今まで試してきた何回も何回もつける化粧品はなんだったのかと思ったほどです。

こちらの商品でなかなか改善されなかった乾燥が、日に日に良くなり、またお化粧のりも良くなってきました。

今では過剰なお手入れが逆にお肌を痛めていたのではないかと思えるほどです。

年齢より若く見られることも増え、お手軽でこんな効果があり嬉しい限りです。

 

 

ゆらぎ肌対策!おすすめクレンジング

スキンクリアクレンズオイル アロマタイプ【アテニア】

高級美容オイルを配合した、大人に向けたクレンジングです。

アンケート回答者 30代

オイルクレンジングは余計なものまで落としすぎと思われがちですが、しっかりメイクは、きっちり落としたほうがいいんです。

アテニアのオイルクレンジングは、メイクもちゃんと落として、かつ、年齢肌によるくすみも取ってくれるので、使うほどに肌が綺麗になります。

洗い上がりはぬるつきもなく、さっぱりです。

きちんと落とした上で、スキンケアをすることで、化粧水の浸透もよくなり、肌が明るく、キメ細やかになっていきます。

 

 

グレイスフル ビューティー クレンジングオイル【ジュリーク】

高い洗浄力と保湿効果の両方を兼ね備えています。

アンケート回答者 30代

ゆらぎ肌にはしっかりメイクを落とす必要があると私は思います。

この商品はクレンジング力が高く、しっかりしたメイクや落としにくい日焼け止めもするっと落ちるからです。

オーガニックタイプのクレンジングオイルで肌にも優しいのに、べたつきやヌルつきもなく、安心して使えるところも魅力です。

また、洗いあがりもすべすべになります。

95%以上が天然由来の成分なので、正しく肌を整えてくれ、スキンケア効果までも期待できるのでおすすめです。

以上から、ゆらぎ肌にはぴったりの商品だと私は思います。

 

 

ゆらぎ肌対策!おすすめ日焼け止め

サンガード25 デイリーUV【ファンケル】

無添加で定評のあるファンケルの日焼け止めです。

もちろん紫外線吸収剤も使っていません。

 

アンケート回答者 40代

ファンケルのキャンペーンで買いました。

密封容器に入っていて開封後90日以内に使う必要があります。

しっとりしていて、伸びがよく、ベタつかないので気に入っています。

私は、冬や季節の変わり目に極度に乾燥する乾燥肌の上に、すぐに肌荒れを起こす敏感肌なので無添加のファンケルは安心して使用できます。

しっとりしていて、夕方になっても肌が乾燥せずもっちりとしていて、値段が手頃なのでリピートしようと思っています。

 

 

fサインディフェンス モイストチャージプロテクション【アユーラ】

ゆらぎ肌用の薬用日焼け止めクリームです。

2017年雑誌マキアでコスメ賞を受賞しています。

紫外線吸収剤は入っていません。

アンケート回答者 40代

アユーラにはfサインディフェンスというゆらぎ肌専用の基礎化粧品がたくさんあるので、シリーズで愛用しています。

私は日焼け止めを使うと肌が乾燥してしまうのですが、この日焼け止めはしっとり感が続いて、保湿もきちんとされます。

私は化粧下地として使っています。

チューブが小さいのですぐなくなってしまうかな?と心配しましたが、伸びが良いので一度に使うのは少量です。

毎日使って2ヶ月くらい使えました。

 

※関連記事はこちら!

脱ゆらぎ肌!正しいクレンジング&しっかり保湿でバリア機能を守る!

 

肌のトラブル ゆらぎ肌特集!


当サイトで掲載されているゆらぎ肌に関する特集ページはコチラです!



などなど、ゆらぎ肌に関する情報が満載です!

→ゆらぎ肌特集!当サイトのゆらぎ肌関連記事まとめ


↓ 特集ページはこちら ↓

ゆらぎ肌
スポンサーリンク

まとめ

春のゆらぎ肌、いろいろなタイプと原因がありましたね。

春のうららかなイメージとはうらはらに、冬並みの乾燥と夏並みの紫外線…。

春は肌にとっては結構過酷な季節だったんですね。

 

でもゆらぎ肌にならないように、きちんと対策をすれば大丈夫です。

春のゆらぎ肌対策のポイントは

  • 3月からUVケア
  • 4月いっぱい保湿ケア

ですよ~。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク