ゆらぎ肌はオイルで対策!オイルの効果的な使い方や種類は?

ゆらぎ肌 タイプ
スポンサーリンク

寒くなったり暖かくなったり、季節の変わり目には体もお肌も振り回されっぱなしです。

 

季節によっては花粉などの刺激も加わってお肌の調子がさらに不安定になります。

不安定なゆらぎ肌対策には、いつものスキンケアにオイルをプラスことをおすすめします。

 

オイルにはいろいろな種類があり、その特徴もさまざまです。

今回はオイル種類ごとの特徴や、オイルの効果的な使い方などをご紹介していきます。

管理人
私がレビューしてます!

生理前ニキビに悩んでいた敏感肌の私が、たった3週間で実感!

オルビスのクリアシリーズを実際に使用した感想レビューはこちらから!


→ オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ

オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ!

2018.03.07

 

 

スポンサーリンク

ゆらぎ肌の改善に大切なこと

ゆらぎ肌はいつものスキンケアではどうしても足りていなかったり、スキンケア方法を根本から変えないと改善しにくいことがあります。

ゆらぎ肌 オイル

 

しっかりと保湿して潤いを保つ

一番大切なのはきちんとお肌を保湿することです。

 

  • 乾燥タイプ
  • 肌荒れタイプ
  • 花粉やストレスでのお肌の不調

どのタイプもお肌がいつもより刺激に対して敏感になっています。

 

保湿することでお肌の調子を整えてバリア機能を正常化することができます。

 

刺激を減らす

お肌が敏感になっているところに紫外線や刺激などを与えると、肌はいつもより多くのダメージを受けてしまいます。

 

外出時には紫外線対策は欠かせません。

洗顔やメイクをいつもよりひかえるなども大切です。

 

 

ゆらぎ肌の改善にはオイルをプラス!

ゆらぎ肌 オイル

オイルはゆらぎ肌の対策にとっても効果的なんです。

 

  • 興味はるけど使い方がよくわからない
  • ベタベタして毛穴詰まりやニキビの原因になる

なんて思っていませんか?

 

そんなあなたにおすすめのオイルの使い方をご紹介します。

オイルの使い方次第でお肌の調子は全く変わってきますよ!

 

クレンジングとして

手のひらであたためたオイルをや優しく顔になじませて軽くマッサージをするようにメイクを落とします。

 

普通のクレンジング剤よりも洗い上がりがもっちりしますよ!

毛穴の角栓なども洗い流してくれる効果もあります!

 

目元口元の落ちにくいメイクのみポイントリムーバーで落としてから使えば洗い残しの心配もありません。

 

スキンケアの導入液として

ゆらぎ肌で悩んでいる私の一番おすすめの使い方です!

 

洗顔後の普段のお手入れの前に導入液としてオイルを使います。

 

オイルで肌を柔らかくすることで基礎化粧品の浸透率がよくなります。

ブースター(導入液)を普段使っている方も、一度オイルで試してみるのはいかがですか?

 

化粧水・乳液・美容液のかわに

ゆらぎ肌により普段の基礎化粧品が肌に合わなくなってしまった時は、洗顔後オイルのみでスキンケアをしてみてください。

 

とくに基礎化粧品が合わないなどのトラブルがない場合は、

  • 化粧水→オイル
  • 化粧水→乳液→オイル

などでももちろんOKです!

 

オイルでしっかり蓋をしてお肌に美容成分をぎゅっと閉じ込めましょう!

オイルにはいくつかの種類があります。

中でも比較的手に入りやすく、使いやすいものをご紹介していきます。

 

ホホバオイル

ホホバオイルは万能オイルとしても有名です!

奇跡のオイルなんて呼ばれることもあるのがこのホホバオイルです。

ホホバという植物はアメリカやメキシコなど砂漠地帯の過酷な環境で育ちます。

砂漠でも生きられるとっても強い植物で、その実から抽出されたものがホホバオイルです。

 

ホホバオイルの特徴

ホホバオイルの特徴をご紹介していきます。

 

肌質に関係なく全身に使える

乾燥肌でも、脂性肌でも対応できる万能なオイルです。

 

酸化しにくい

他のオイルと比べると酸化しにくいです。

オイルの酸化は肌がくすむ、シミなどの色素沈着を起こすなどの原因となります。

 

固まることがある

10度以下になると固まることがあります。

真冬に洗面所など気温が低い場所に置いていると固まってしまうことがあるので、冬はリビングなどの暖かい場所で保管します。

もちろん暖めれば元通りの液体となり、使えます。

 

ホホバオイルの暖めかた

皆さん工夫して、こんな暖め方をしています。

  • 湯煎する
  • こたつに入れる
  • お風呂に入れる
  • 寝る時に布団に入れる

 

ワックスエステルが含まれている!

ワックスエステルは人のお肌の角質層に含まれている成分です。

 

このおかげでお肌のプルンとした弾力などが保たれます。

植物オイルではこのホホバのみに含まれている成分です。

 

ホホバオイルは2種類

  • ゴールデンホホバオイル(無精製)
  • クリアホホバオイル(加熱処理)

の2種類です。

ゴールデンホホバオイルは無精製なので栄養は多いけれど、匂いがきつく成分も強いです。

 

初めて使う方はクリアホホバオイルの方から使ってみることをオススメします。

 

ホホバオイルの効果

ホホバオイルにはこんなうれしい効果があります。

 

保湿力バツグン

ワックスエステル成分は肌に対してとても浸透率が高いです。

しっかりと肌になじみ、バツグンの保湿力を発揮してくれます。

 

皮膚の張りを保ちふっくらと柔らかく

こちらもワックスエステル成分のおかげでお肌に弾力を持たせてくれます。

 

ニキビや角栓の改善

殺菌作用があるのでニキビを抑制します。

毛穴に溜まった角栓や老廃物を排出してくれます。

 

バリア機能が高い

ゆらぎ肌の大敵の乾燥、シミやシワの原因となる紫外線からお肌を守ってくれます。

日焼け止めの代わりになるわけではないので、使い方にはご注意ください。

 

 

スクワランオイル

サメや植物に含まれているスクワレンという成分に水素を添加したのがスクワランです。

そのスクワランを使って作られたのがスクワランオイルです。

 

スクワランは元からお肌にある物質で天然のクリームとも呼ばれます。

 

化粧品に使われているスクワランの多くは深海ザメの肝油を抽出して作られていますが、中にはオリーブなどの植物から抽出された植物性スクワレンもあります。

 

ただ植物性スクワレンは希少なため、私たちが店頭などで目にしているものは深海ザメ由来のものが多いでしょう。

 

スクワランオイルの特徴

スクワランオイルの特徴をご紹介します。

 

肌質に関係なく全身に使える

ホホバオイルと同じく頭の先から足の先まで使えて多様な肌質に対応しています。

 

アトピーの方も使えますよ!

 

酸化しにくい

スクワレンの状態だと酸化しやすいのですが、水素を添加することで酸化しにくくしてあります。

 

高純度のものほど品質も良く酸化しにくくなっています。

 

固まりにくい

スクワランは高沸点で凝固点が低いので固まりにくく、化粧品に使いやすいんです。

 

人間の皮膚に存在する

もともと人間のお肌にも含まれている成分なので肌との相性がよいです。

アレルギー反応や乾燥肌や敏感肌など、お肌の悩みをあまり心配することなく使えます。

 

水のような感触

オイルなのにさらりとした水のような感触です。

ベタベタせずにスッっと肌に馴染んで浸透してくれます。

 

スクワランオイルの効果

スクワランオイルの効果をご紹介します。

 

新陳代謝の促進

酸素をたくさん取り込み、新陳代謝が促進されます。

 

それによって肌のターンオーバーが正常に機能し、古い角質を落としてお肌が生まれ変わる手伝いをしてくれます。

 

お肌に潤いとハリを与える

ホホバオイルと同じく保湿力が高いです。

乾燥してシワになってしまっていたり、粉が吹いてしまったり、ガサガサになってしまったお肌でも大丈夫です。

 

このさらっとしたオイルが肌にしっかりと浸透していき、砂漠のようになってしまったお肌に潤いを与えてくれます。

 

紫外線から守ってくれる

スクワランオイルが皮脂膜となり、バリア機能を発揮して紫外線からお肌を守ってくれます。

 

化粧水などの浸透率が上がる!

スクワランオイルの浸透率の高さにより、普段使っている化粧水・乳液などがしっかりとお肌に浸透していきいます。

 

 

ソンバーユ

中国由来の馬油です。

とても歴史のあるロングセラー商品なのでご自宅などにもあるある!

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私も祖母にヤケドをした時に塗ってももらった記憶があります。

 

馬油は馬のたてがみやお腹周りから採れる動物性の油脂です。

人のお肌にも馴染みやすい成分です。

 

ソンバーユの特徴

ソンバーユの特徴をご紹介します・

 

低刺激で無添加

ソンバーユは馬油のみで添加物を含まず、低刺激なため赤ちゃんにも使えます。

少しくらいなお口に入っても問題ありません。

 

浸透力がすごい

人のお肌に近い成分なのでお肌の角質層までしっかりと浸透してくれます。

 

体温で溶ける

瓶に入っている時はドロドロのクリーム状ですごくベタつきそうに感じます。

 

でも実際に肌に乗せると体温でさらっととした液状になっていきます。

気持ちがいいくらいスルスルとお肌に広がりますよ。

 

水との相性が抜群!

油ですが水との相性が抜群です。

むしろ水があってこそフルパワーで力を発揮してくれるのです。

 

乾いたお肌に使うよりも洗顔後の少し湿ったお肌に使う方が肌馴染みが良く、しっとりとしたお肌が持続すると感じます。

 

ソンバーユの効果

ソンバーユの効果を見てみましょう。

 

保湿力がすごい!

浸透力がとても高いです。

 

お肌の表面だけが潤ってすぐ乾燥してしまう、なんて心配はありません。

しっかりと肌の内部まで潤いを与えてくれます

 

塗り終わった後のもっちりとふっくらとするのは馬油が一番じゃないかな?と私は思います。

 

新陳代謝の促進

血行の促進をしてくれるので新陳代謝が上がり、お肌のターンオーバーを促してくれます。

 

抗菌作用

ヤケドやニキビにも効果的です。

ゆらぎ肌でニキビができてしまったら馬油でお肌を整えてきちんとケアしてみてください。

 

馬油のみだとニキビ跡はきれいにはなりませんが、でき始めのニキビなどが悪化しにくくなります。

管理人
私がレビューしてます!

生理前ニキビに悩んでいた敏感肌の私が、たった3週間で実感!

オルビスのクリアシリーズを実際に使用した感想レビューはこちらから!


→ オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ

オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ!

2018.03.07

 

まとめ

今回はゆらぎ肌の改善につながる、オイルの種類やその使い方をご紹介してきました。

オイルはベタつきそうで苦手、使ったことがないという方も自分に合うオイルや使い方が見つかれば世界が変わるかもしれません!

お肌トラブルを感じた時は気軽に試してみてくださいね!

スポンサーリンク

肌のトラブル ゆらぎ肌特集!


当サイトで掲載されているゆらぎ肌に関する特集ページはコチラです!



などなど、ゆらぎ肌に関する情報が満載です!

→ゆらぎ肌特集!当サイトのゆらぎ肌関連記事まとめ


↓ 特集ページはこちら ↓

ゆらぎ肌