ゆらぎ肌による周期ニキビ!化粧水で改善しよう!

スポンサーリンク

ゆらぎ肌が原因でできたニキビ(大人ニキビ)と思春期ニキビとでは、できる原因が違います。

思春期ニキビ用の化粧水を使うと、大人ニキビは悪化することもあります。

 

ゆらぎ肌用の正しい化粧水を選んで、ニキビに悩まされない健康な肌を目指しましょう!

管理人
私がレビューしてます!

生理前ニキビに悩んでいた敏感肌の私が、たった3週間で実感!

オルビスのクリアシリーズを実際に使用した感想レビューはこちらから!


→ オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ

オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ!

2018.03.07

 

 

スポンサーリンク

もしかしてゆらぎ肌?ゆらぎ肌の原因は?

ゆらぎ肌 ニキビ 化粧水

ゆらぎ肌になってしまう原因には、どんなことがあるのでしょうか?

 

ゆらぎ肌とは

環境の変化やストレスなどによって、肌トラブルがおきてしまう敏感な肌のことをゆらぎ肌といいます。

 

いつもと同じお手入れをしているのに急に乾燥がひどくなったり、吹き出物やニキビができてしまったりしませんか?

私も季節の変わり目には、肌が乾燥してピリピリなのにニキビもできてしまうゆらぎ肌で悩む一人です。

 

なぜゆらぎ肌になるの?

ゆらぎ肌の原因は乾燥・紫外線・花粉・大気汚染・ストレス・生活環境・女性ホルモンの乱れなどが考えられます。

 

逆に「今日は肌の調子が良いな」と思うときはありませんか?

それは肌の油分と水分のバランスがとれている状態なのです。

その状態が肌を外部の刺激から守ってくれるバリア機能の役割をしてくれているのです。

 

肌の水分量が減少すると外部の刺激から肌を守ってくれる角質のバリア機能が低下し、様々な肌トラブルを引き起こす原因になります。

 

乾燥するのにできるニキビ

ニキビや吹き出物は肌の油分が多い人ができるもの…単純にそう思っていました。

 

しかし、乾燥肌の私も大人になってからたくさんのニキビや吹き出物に悩まされることがあります。

ニキビや吹き出物ができる原因は油分が多いからだけではなく、乾燥によるバリア機能の低下によることが多いです。

 

角質のバリア機能が低下すると、花粉、大気汚染、細菌などが肌の内部に侵入しやすくなります。

これがニキビや吹き出物ができる原因になってしまいます。

 

では、ゆらぎ肌にはどのようなスキンケアをしたらよいのでしょうか?

 

 

シンプルなスキンケアでやさしく肌を守る

ゆらぎ肌 ニキビ 化粧水

ゆらぎ肌の時こそ、シンプルなスキンケアが大事です。

 

ゴシゴシ洗いすぎは要注意

肌をきれいに保とうとするあまり、ゴシゴシ力をいれて洗ってしまっていませんか?

 

清潔なのはもちろん重要です。

しかし、刺激に敏感な状態のときは洗いすぎによって肌を痛めてしまうことがあります。

 

洗顔料をよく泡立てて、やさしく泡でなでるように洗いましょう。

朝だけ洗顔料を使わず、ぬるま湯洗いをするのも余分な皮脂まで落とさず肌に負担もかからないのでおススメです。

 

洗顔後はすぐに保湿

そして、洗顔後の保湿が大切です。

洗顔後は時間とともに肌の水分がどんどん減ってしまいます。

できるだけ早く化粧水などで保湿してあげることがとても重要です。

 

子育て中の方や、遅くまで働いてとにかく早く寝たいという方など、お風呂からでて化粧水をゆっくりつけている時間がないときもありますよね。

 

そんな時はお風呂からでる直前に浴室の中で化粧水や保湿剤をつけておくという方法もあります。

 

私は保湿オイルをお風呂に置いて、出る直前に全身につけてしまいます。

かなり雑につけてしまいますが、お風呂をでたあと焦らずスキンケアをできるのでとても便利です。

 

低刺激・無添加の肌にやさしい化粧水にチェンジ

ゆらぎ肌はとにかく刺激を受けやすいので、なるべく負担をかけないスキンケアにしてみるとよいでしょう。

低刺激の化粧水は肌の負担をやわらげてくれます。

 

そしてたっぷり時間があるときは、その低刺激の化粧水などでパックをしてみるのもいいです。

家にあるコットンにたっぷり化粧水をしみこませて、乾燥が気になる部分にのせておくだけです。

とても簡単にできます。

 

保湿力の高い化粧水を選ぶのもありですが、プチプラでも無添加や低刺激のものはあります。

その方がたっぷりと惜しみなく使えるので、パックするにはおすすめですよ。

 

「今すぐ肌荒れをなんとかしたい!」と思ってあれこれ新しい化粧水や美容液を試してみたりしてませんか?

それはもしかしたら逆効果になる可能性もあります。

 

「お手入れをしすぎない」ことも大事なポイントになります。

 

それでもニキビや吹き出物が減らない…ということもあります。

ゆらぎ肌をケアする方法はほかにないのでしょうか?

 

スキンケアだけじゃない、ゆらぎ肌対策

ゆらぎ肌 ニキビ 化粧水

ゆらぎ肌の改善方法はスキンケアだけではありません。

 

こころとからだの疲れ

春は出会いの季節でもあり、学校生活や職場での生活環境の変化が訪れます。

 

自分では気づいていないストレスでも、しっかり肌は敏感にキャッチしていることが多いものです。

ストレスを抱えていると体の中の免疫力が低下することで、肌のバリア機能が低下してしまいます。

 

また肌荒れを治すためにとせっかく摂取したビタミンや栄養も、体が不調だとそちらに栄養がいってしまい肌の回復は後回しになってしまいます。

 

質の良い眠り

生活リズムを整えて睡眠をたくさんとるのは、忙しい現代人にはなかなか難しいことでもあります。

 

睡眠にはゴールデンタイムと呼ばれるものがありますが、それを意識しすぎて眠くもないのにベッドに入る…けど眠れない。

など余計ストレスになってしまい体にも肌にも悪影響になってしまいます。

 

睡眠の長さより、質を重視することが肌に良い結果をもたらすのではないでしょうか。

 

  • 寝る前のカフェイン摂取を控える
  • スムーズに入眠できるよう寝る前は照明は少し暗く
  • お風呂にゆっくりつかる
  • 寝具を心地いいものにする
  • 枕カバーを肌触りの良い少しだけいいモノに変える

 

こんな少しの工夫で気持ちよく眠れるようになりますよ。

 

メイクツールのお手入れ

意外と忘れがちなのがメイクツールのお手入れです。

肌を清潔に保つことは欠かさず行っていても、メイクブラシやスポンジなどが汚れていてはせっかくのお手入れも台無しです。

 

時間をみつけて、こまめに洗いましょう。

洗った後はしっかり乾かすのも忘れずに。

カビの原因にもなってしまいます。

 

 

ゆらぎ肌対策に!おすすめスキンケアアイテム

ゆらぎ肌対策におすすめのスキンケアアイテムをご紹介します。

 

管理人

当ブログで、ゆらぎ肌に悩む女性50名にアンケートを実施しました!

その結果から特にオススメなゆらぎ肌対策となるものを以下にご紹介します。

実際に使用している方々の感想も記載していますので、参考にされてみてください。

 

ゆらぎ肌対策!おすすめ化粧水

低刺激な化粧水はニキビができてしまっていても使えます。

 

薬用ビューネ【メナード化粧品】

化粧水の前に使うプレ化粧水です。

使ったあとには保湿力のある化粧水でしっかり保湿しましょう。

アンケート回答者 30代

保湿用の化粧水の前につけるプレ化粧水です。

薬用ではありますが、軽いテクスチャーで刺激を感じたことはありません。

私は吹き出物が出てきそうだなという時に使っています。

これをつけると吹き出物があまり大きくなることなく、そのまま治ることが多いです。

また、くすみも取れて肌の透明感が増していると感じます。

プレ化粧水なので単体での使用では保湿が足りないと思いますが、毎日でなくても疲れが目立つときなどに足してあげるだけでも、翌日の肌の調子が良いです。

 

ハイドロ リフレックスローション【アルケミー】

潤いを抱え込む力が強い化粧水です。

アンケート回答者 30代
私は生理前になるとかならず顎は頬にニキビができやすくなってしまいます。30代になって肌質が変化して来て、部分的に乾燥がひどくこちらも悩んでいました。

色々な化粧品を探し、試してみましたがなかなか良くならず、併せて毛穴やたるみ、シミなども気になっていて、そんな時、口コミでこの商品を知りました。

使ってみて、頬の毛穴などはだんだん気にならなくなり、ニキビも体調にはよりますが、前ほど出来にくくなってきています。

お肌に水分がちゃんと入り込んでいて、潤いがキープされているので、ゆらぎ肌も肌内部の基礎がきちんとしていれば、荒れなくなるのかな、と効果を実感しています。

管理人
私がレビューしてます!

生理前ニキビに悩んでいた敏感肌の私が、たった3週間で実感!

オルビスのクリアシリーズを実際に使用した感想レビューはこちらから!


→ オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ

オルビスクリアシリーズ|トライアルセットの実践レビュー感想&口コミ!

2018.03.07

 

まとめ

風邪をひいて食欲がない時や胃が弱っている時、栄養をつけようと焼き肉を食べますか?

お粥やおなかに優しいものを食べますよね。肌もおなじです。

 

肌の調子が悪いなと感じたら、いつもより肌をやさしくいたわってあげると回復も早くなるはずです。

季節の変わり目には花粉・肌が乾燥する・紫外線、など気になることもたくさん増えます。

 

お肌が刺激を受けるだけで気分も沈みがちになってしまいます。

化粧水でしっかりスキンケアをして、いつも健康な美しい肌で笑顔に自信をもって過ごしたいですね。

スポンサーリンク

肌のトラブル ゆらぎ肌特集!


当サイトで掲載されているゆらぎ肌に関する特集ページはコチラです!



などなど、ゆらぎ肌に関する情報が満載です!

→ゆらぎ肌特集!当サイトのゆらぎ肌関連記事まとめ


↓ 特集ページはこちら ↓

ゆらぎ肌