熱中症で吐き気・頭痛・寒気がある時の即効対処法マニュアル!

熱中症

猛暑が続くなか、よくある熱中症…。

吐き気・頭痛・寒気が生じた時の緊急対処法マニュアルをご紹介します!

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送

スポンサーリンク

熱中症で吐き気や頭痛、寒気…!

熱中症

梅雨が明けたら暑い夏がやってきますね。最近の夏は尋常じゃなくらい暑いです。

毎年熱中症で倒れる人も多く、厳重な注意や正しい熱中症への対処法が必要になってきます。

熱中症の症状としては体温が上昇し、身体が熱くなり眩暈がして意識を失ってしまうというのをよく聞きます。

その他にも吐き気や頭痛、寒気など、一見熱中症とは関係ないように思える症状が起こることがあります。しかし、それらも熱中症から引きおこる症状なのです。

今回は、熱中症で頭痛、吐き気、寒気が起こる原因や対処法を私の体験も交えてご紹介いたします。

スポンサーリンク

熱中症で「頭痛」が起こる原因とは?

熱中症により引き起こされる頭痛の原因は、一言でいうと「自律神経の乱れ」です。

人間の体は通常、自律神経の働きで体温調節を行っていますが、熱中症により体の水分が失われて熱がこもってしまうと脳の血管が広がって、血液が多く必要になってくると自律神経が上手く働かなくなり、それによって頭痛が起きてしまうのです。

私は昨年の夏に初めて熱中症での頭痛を体験しました。熱中症の初期症状であるめまいなどは全く感じなかったのに夜にいきなり頭が痛くなりました。

最初はいつもの偏頭痛かと思いましたがいつも飲むとすぐに効く薬が全く効かず、食欲もなくついにはとても気分が悪くなって嘔吐してしまいました。

普段健康な私は原因不明の頭痛と嘔吐に驚きが隠せず不安になってしまいましたが、後日祖母に話すと「熱中症だったんじゃないか?」と言われ納得しました。

頭痛が起こるのは熱中症の危険度3段階のうち2度だそうです。全く自覚症状がないのにいきなり熱中症はやってくるので普段から正しい知識と対処法を身に着けておくことが大切だと思いました。

熱中症で頭痛のとき、対処法は?

熱中症で頭痛が起こった時の対処法は、以下の3つがポイントです。

①涼しい場所に移動する

屋外ならば風通しの良い木陰、屋内ならクーラーの効いた涼しい場所に移動します。

これは頭痛に限らず、熱中症の症状が出た時にする共通の対処法です。

②着ている服を緩める

身体に熱がこもっている状態なので服を脱いだりボタンを1つ外したりして熱を外に放出させることが大事です。

③脇の下や首元を冷やす

保冷剤(なければ濡らしたタオル)で脇の下や首を冷やします。

その部分には脳に繋がる動脈があるので直接頭を冷やすよりも効果的です。

私は上記3つの対処法は行わずにひたすら横になったり睡眠をとったりしていました…普段の偏頭痛と違ってなかなか治らなかったのを覚えています。

熱中症で吐き気が起こる原因とは?

熱中症になると、身体の水分と塩分が失われます。

それを補おうと水を飲みますが、水だけでは失われた塩分は補給されません!

水分と塩分のバランスが崩れてしまうと身体はそれを調整しようと、余分な水分を身体の外に出そうとします。これによって嘔吐や下痢が起こってしまうのです。

私も嘔吐を1度経験しましたが上記でもご紹介した通り、頭痛の延長で、簡単に言えば頭が痛すぎて胃にきて吐いてしまったのだと思っていました。このような原因だったとは驚きです。

熱中症による吐き気…対処法は?

吐き気の場合も、上記の頭痛の対処法を行い、水分と塩分を効率よく摂るためにスポーツドリンクや経口補水液など塩分を含む飲み物を飲むのが効果的です。

ただし、吐き気が治まらない時は口から水分を補給するのは禁物です。吐きそうになっているのに口から水分をとるのは辛いですよね。

長い時間吐き気が治まらない場合は病院に行き、点滴を受けるなどの処置を行うようにしましょう。点滴の成分にかなり近い飲料水がこちらです。私は夏場にかなり助けられています。

熱中症で寒気が起こる原因とは?

熱中症で熱いはずの身体が寒気を感じるなんて有り得ないと思いますよね?

実は熱中症で寒気を感じるのはとても危険な状態なのです。熱中症が重症化すると脳にも支障をきたしてしまって体温調節ができなくなり、暑いはずなのに寒いと感じるようになってしまうのです。

暑さを感じにくいお年寄りには特に注意が必要です。

熱中症で寒気を感じたときの対処法は?

寒気を感じているからといって身体を温めるのは間違いです。

寒気を感じたらすぐに病院に行くようにしましょう。

応急処置としては脳の障害を緩和できる首回りを冷やすのが効果的です。この時、氷などで急激に冷やすのではなく濡らしたタオルや霧吹きなどで冷やすようにしましょう。

寒気を感じるほどの状態になるのは相当身体に負荷をかけているという事なので無理は禁物です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?頭痛も吐き気も寒気も熱中症が重症化することで起こります。

これらの症状は風邪の症状に似ているのでよく風邪と間違えることもあります。しかし、風邪の治し方と熱中症の治し方は全然違うので見極めることが大切です。

最後にすべての症状に当てはまる「熱中症」の対処法をまとめておきます。

  • 「こまめに涼しい場所で休憩をとる」
  • 「水分補給する(水ではなく塩分を含むスポーツドリンクなど)」
  • 「体を冷やす(主に首回りや脇の下)」

正しい熱中症への知識を身に着けて暑い夏を健康に乗り切りましょう!

スポンサーリンク

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送