婚期を占う鏡の池がある八重垣神社へ!出雲大社ついでのアクセスをご紹介!

島根県では縁結びの神社は出雲大社だけではなく、八重垣神社も有名です。

島根県へ旅行する人は必ずと言ってもいいほど出雲大社へ行くと思いますが、出雲大社から八重垣神社まではそこまで遠くないので両方行ってみてはいかがでしょうか?

この記事では八重垣神社へのアクセス方法をご紹介しています。

出雲大社~八重垣神社のアクセス

車で移動するなら

出雲大社と八重垣神社は約43km離れています。

車での移動なら約45分かかります。

八重垣神社の住所は「島根県松江市佐草町227」ですので、自家用車で旅行しているならナビに入れてください。

電車で移動するなら

出雲大社と八重垣神社の移動を電車でするには、歩きなども込みで1時間38分~1時間52分程度の所要時間が必要です。

約2時間の移動時間がかかってしまうので、個人的には車・タクシーでの移動が時短になるのでおすすめです。

松江駅~八重垣神社のアクセス

車・タクシーで移動するなら

松江駅から八重垣神社までは、わずか4.5kmしか離れていないので車・タクシーでのアクセスがおすすめです。

所要時間も約9分ですのでバスよりも時短できます。

バスで移動するなら

JR松江駅の4番乗り場より八重垣神社へ行くことができます。

所要時間は約20分かかってしまうので、旅行であればタクシーに乗ってしまうのがおすすめです。

→松江市営バスのサイトで時刻表をチェック

国内最大級で安心の旅行サイト 楽天トラベルでチェックしてみてはいかがでしょうか。

→楽天トラベル

鏡の池で婚期を占う手順

八重垣神社にある鏡の池で婚期を占う手順をご紹介します。

  1. 社務所で和紙を買う(1枚100円)
  2. 鏡の池に行く
  3. 用紙を池に浮かべる
  4. 池に用紙を置くと文字が浮き出てくる
  5. 用紙の上にそっと10円または100円を乗せる
  6. あとは早く沈むのを祈るだけ

早い人で2~3分、15分以内でまずまず、30分以上かかると婚期のご縁が遅いと言われています。

また、近くで沈むと身近な人とご縁があり、遠くで沈むと遠方の人とのご縁があると伝えられています。

下の動画で詳細を説明してくれていますのでご覧ください。

八重垣神社に訪れる時間帯に要注意

池に浮かべる用紙を販売している社務所は季節によって開いている時間が異なるため、行く際は注意が必要です。

  • 4~11月:8時30分~17時30分まで
  • 12~3月:9時~17時まで

詳細を知りたい方は八重垣神社の公式サイトより問い合わせしてみてください。

八重垣神社の公式サイト

まとめ

縁結び神社・八重垣神社の鏡の池、いかがだったでしょうか。恋に悩む女子にとっては一度はやってみたいですよね。

今回ご紹介した八重垣神社だけではなく、島根には縁結びで最も有名な出雲大社も一緒に訪れたい観光スポットです。

ちなみに、出雲大社の境内から少し離れたところに、神の水と称される「真名井の清水」があるってご存知ですか?出雲の通のみぞ知る隠れ観光スポット・真名井の清水ではペットボトルや水筒を持参すれば神の水を持ち帰ることができます。

出雲大社「真名井の清水」へのアクセス。神の水を持ち帰るには?】もぜひご覧ください。

管理人
島根県といえば縁結び神社!って感じですね