虫刺されによる水膨れの原因は?どの虫に刺されたんだろ!?

寒さもすぎて温かい季節になり、色んなが出てくる季節で虫刺されは誰でも嫌ですよね。

とくに、かゆさに関しては強い弱い関係なく我慢など到底できません!

かゆみで無意識に肌をかいてしまい、傷つけてしまうとひどくなると水膨れになってしまいます。

  • なぜ虫に刺されるとかゆくなり水膨れになるのか?
  • 水膨れの原因は?
  • なんのに刺されたのか?

などをご紹介していきます。

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送

スポンサーリンク

かゆみがおこる虫は?

一般的によく刺されてかゆみが起こるのが、蚊・ブヨ・ノミやダニでぷっくりと腫れてきてかゆくなります。

そして、だいたいの方が水膨れになってしまい、痛みに変わります。

水膨れが破れてしまうと、細菌に感染して悪化してしまい他の部分にも広がってしまう(とびひ)事態になってしまいます。

スポンサーリンク

虫刺されによる水膨れとは?

水膨れは透明でサラサラとした液体で、水分が溜まった状態で半球状にぷっくりと盛り上がった状態をいいます。

中の水分は浸出液といい細菌を殺し細胞を再生する必要な免疫細胞の集まりです。

止血に大事な血小坂や異物を消すマクロファージという白血球のひとつが含まれていて、虫刺されの水膨れは接触皮膚炎などの湿疹です。

かゆくて掻いて水膨れをやぶってしまうと周りに広がってしまいますので、注意が必要です。

虫刺されで水膨れになる原因

虫に刺されて水膨れになりやすいのは子供に多く、また、悪化もしやすいです。小さい水膨れから、ひどい場合にはミニトマトほどの大きさの水膨れになる人もいます。

かゆみ以外にも毒性の強い虫のハチやムカデに刺されるとアレルギー反応で刺されて、すぐに激しい痛みが出てきてしまい、2時間~3時間ほどで刺された部分に水膨れができて赤く腫れあがり熱をもちます。

水膨れを潰さないように、ワセリンを塗りラップで覆ったタオルに包んだ氷で優しく冷やしましょう。

子供の場合は、冷やしすぎると凍傷を引き起こしてしまうので気を付けましょう。

蚊やブヨなどのアレルギー反応で刺されて6時間から1日経って刺された部分に水膨れがでてきたりもします。

水膨れの大人と子供違い

大人と子供と同じ虫に刺された場合では、大人と比べて水膨れになりやすいのは子供ですが、なぜ違うのかその原因などご紹介します。

また、知らないうちに刺されてしまって何の虫に刺されてしまったのか分からないことがあります。

症状の違いでどんな虫にさされてしまったのかなどもご紹介します。

大人と子供の対処の違いと原因

なぜ子供に虫刺されの水膨れがなりやすいのかというと、小さい子供ほど自然免疫反応が未熟リンパ球の免疫反応が強くアレルギー反応のような水膨れになりやすいからです。

そして、自然免疫が弱いので細菌感染にも弱く、とびひにもなりやすいです。成長とともに、水膨れにもなりにくくなってきます。

ですが、大人で虫刺され跡が水膨れになることが多い場合は注意が必要です。

刺された虫に対してアレルギー反応が強く出てきて、体質が変わってしまい、何度か刺されていくうちにアナフィラキシーショックという生命にかかわるアレルギー反応を起こす場合があるので、大人で水膨れになる人は十分注意してください。

水膨れになる人は放置せずに皮膚科に行って医師に相談しましょう。アレルギー反応が出ないか確認してもらうことができます。

水膨れの症状で、どの虫か特定できる?

刺された後の皮膚反応には個人差があります。状態によっては確実な虫の特定は難しいですが、どんな虫なのかは推定することはできます。

ダニ

刺された部分はどこなのか?

手足や顔や露出している場所は蚊の可能性もありますが、衣服などの中や細かい赤みで湿疹のようなブツブツの場合はダニが考えられます。

ブヨ・アブ

刺された皮膚に出血点がある場合はブヨやアブが考えられます。アブやブヨは皮膚に傷が付いて刺された部分に内出血や出血点がみられます。

赤く固く腫れ痛みと痒みで腫れた部分は熱く感じる場合があります。掻きすぎて傷ができ炎症がおきると水膨れの原因になるので、気を付けましょう。

ハチ・ムカデ

刺されたときに痛みがあった場合では、だいたいハチかムカデが多いです。

ハチの場合は痛みで刺された事が分かるので目で確認できることが多いです。

ムカデの場合は顎にある一対の牙が毒牙で噛みつきます。噛まれた度合いにもよりますが、痒みはなく、激しい痛みと真っ赤に大きく腫れ噛まれた部分に熱を持ち固くなります。

ネコノミ

すねや足に刺されて水膨れになり、赤いぼつぼつがたくさんできる場合は、ネコノミ刺症におおくみられる特徴です。

毛虫

毛虫の場合では、首や腕の露出部分にかゆみの強い細かいブツブツが沢山でき、皮膚炎をおこします。

毛虫に直接触らなくても、脱皮した皮の毛でも発症し毛虫がいそうなところの近くにいるだけでも発症する場合があるので、とくに小さな子供は大人が注意してあげましょう。

まとめ

虫は温かくなる季節に特に沢山の種類の虫が飛び交います。人の汗の成分に引き寄せられ赤ちゃんなどはアレルギー反応が出やすいので周りが注意してあげましょう。

大人も油断大敵です。跡が残らないように、素早い処置や刺されないように、しっかりと虫よけ予防をしましょう。

スポンサーリンク

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送