虫刺されによる水膨れの治し方と処置は?

スポンサーリンク

虫刺されで悪化すると水膨れになり、かゆみや痛みで辛い気持ちになってしまいますよね…。

そんな水膨れになった時の正しい治し方処置などについてご紹介します。

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送

スポンサーリンク

虫刺されの水膨れになる原因は?

水膨れになる原因はいくつかあり、火傷による水膨れや靴ずれによる水膨れもありますが、暑くなってくる時期に一番多いのが虫刺されによる水膨れです。

そして、虫刺されで水膨れになりやすいのが子供です。虫に刺されたときになる水膨れは、虫の唾液によってアレルギー反応を起こしたときになる場合や、初めは何もなく刺された部分をかいてしまった時に皮膚を損傷して菌が入り水膨れになる場合もあります。

アレルギーによる水膨れは成長すると共になりにくくなります。皮膚が損傷して水膨れになったときにその水膨れが潰れて、他の部分に付着してしまうと他の部分も水膨れになる「とびひ」になってしまいます。とびひも子供に多くみられます。

水膨れになったときの処置

水膨れを確認したら、潰さずに痒み止めの薬を塗ったり、刺された部分を冷やしたりして皮膚を傷つけないようにしましょう。

水膨れが大きく腫れあがった場合は、とびひの危険があるので、すぐに皮膚科に受診してください。

5歳から6歳の子供に多いのが小児巣ストロフルスで虫刺されが過剰反応して水膨れができる症状です。

水膨れは極力触らずにいることが悪化を防ぐ方法です。水膨れが破れて違う皮膚につくと症状が悪化してしまいます。

とくに小さい子供は触らずにいることは難しいです。すぐに掻いて潰してしまう可能性がある場合は、薄いガーゼで保護して目立たせないようにしてあげましょう。

虫刺されによる水膨れに良い薬は?

虫刺されによる水膨れに効く薬は、ステロイド・抗ヒスタミン剤・抗生物質などの薬でも治すことが出来ます。

症状がひどい場合は市販の薬よりも医師に診てもらいましょう。

基本的には放置が一番です。もし破れてしまった場合は、水膨れの水分を拭きとり、周りを消毒しましょう。

毒性の虫に刺されておこる水膨れ

虫刺されでも、いろいろな虫がいます。

その中で毒性の虫もいて刺されたとき水膨れになったときの治し方や処置の仕方や、どんな虫が毒をもって危険なのかご紹介していきます。

蜂による水膨れ

よく見かけるのが蜂で、よく見る蜂の種類ではミツバチ・アシナガバチ・キイロスズメバチが多いです。蜂に刺された場合、刺された直後に数分~30分後くらいに、刺された部分が赤く腫れあがり痛みがあります。

ムカデによる水膨れ

ムカデは鋭い顎で噛みつきすぐに激しい痛みが出てきて赤く腫れあがり、ひどい場合はすごく大きく赤くなり熱をもち固くなります。

毛虫による水膨れ

毛虫などはとくによく見かけるので要注意です。

毛虫の場合は直接刺されなくても、木に触れただけでも刺されてしまう虫もいますし、木の上から落ちてきたりして触れただけで毒針の毛に刺さってしまいます。

子供は何も分かりません、触らないように、毛虫がいそうな木に近づかないように伝えたり、周りの大人が注意してあげましょう。

毒性のある虫に刺されたときの処置

蜂に刺されたときの処置

蜂に刺されたら、まずは針抜きです。

蜂の針には抜けにくく蜂の針の根本には毒が入った袋があり、ゆっくりと毒が皮膚にしみこむようになっています。

針が残っている場合はピンセットなどで針を抜いてください。この時、蜂の針は直接触らないように注意しましょう。

蜂の毒は水に弱く、5分~10分くらい洗い流して毒を絞り出しましょう。

絶対してはいけないのが、口で毒を吸い出そうとしないこと。蜂に関わらず、どの虫に刺されても決して口で吸いだそうとしないこと。大変危険です。

毒抜きが終わったら、抗ヒスタミン剤のステロイド配合の軟膏を塗りましょう。蜂に刺されたときのお勧めの薬は、フルコート軟膏なども良いです。

刺された部分を冷やして炎症を軽減しましょう。

ムカデに刺されたときの処置

次にムカデに刺された場合、激しいズキズキとした痛み、痺れ、赤く腫れあがり痒みがでるなどがあげられます。

ムカデの毒は蜂の毒と似ていて、アナフィラキシーショックを引き起こす可能性があります。無理に毒を絞り出そうとしたり、口で吸いだそうとしないことです。

ムカデに噛まれたときは、火傷しない程度のお湯で5分以上洗い流します。必ず温度が下がらないように、シャワーなどで洗い流してください。

途中でシャンプーや石鹸で洗い流すと皮膚に付いた毒成分を熱いお湯で失活し、洗い流すことで、痛みを和らぐことができます。

そして、腫れ痒みなどの防止もできます。お湯などで洗い流せない場合は、強めのステロイド系の軟膏クリームを広めに塗りましょう。

毛虫に刺されたときの処置

次に毛虫に刺されたり触れて、痛みや痒みがでたり、水膨れになったり赤くブツブツして腫れてきます。

そんな時は、毒針毛を取り流水で洗い流し、刺された部分を冷やして虫刺され用の薬を塗りましょう。

まとめ

毒性のある虫などは命に関わる場合があるので、処置が出来ない場合は、そのままにしないで、すぐに皮膚科に受診してください。

処置ができたとしても心配な方も皮膚科に行って医師に診てもらえれば安心できますね。

スポンサーリンク

虫刺されによる水膨れの原因は?どの虫に刺されたんだろ!?

2017.07.06

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送