熱中症対策!高齢者に最適な室温は?

毎年、夏が来ると注意しなければならないのが熱中症です。熱中症は重症化すれば死亡することもある怖い夏の病気です。

高齢者への熱中症対策として、室温に注意が必要だとご存知でしたか?

毎年続出する熱中症患者の中でも、高齢者の方が圧倒的に多いのです。実際に、65歳以上の高齢者の50%が熱中症になっているというデータもあります。

管理人
なぜ高齢者は熱中症になりやすいのでしょうか?

今回は、高齢者が熱中症になりやすい原因や対処法をご紹介したいと思います。

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送

スポンサーリンク

高齢者が熱中症になりやすい理由

熱中症

「暑さへの調整機能の低下」

年を取ってくると、若い時よりも体温調節機能が低下してきます。

その為、体内に熱がこもりやすく、その上喉の渇きや暑さも感じにくくなり、身体が危険な状態になっていても気付きにくくなってしまいます。

「体内の水分が不足しがち」

上記に加え、高齢者は老廃物を排出するために大量の尿を必要とします。私も、「お年寄りはよくお手洗いに行く」というイメージがあります。

普段からそんな状態なので夏は特に体内の水分が不足しがちになり脱水症状に陥ってしまうことがよくあります。

「飲む点滴」とも言われている経口補水液がおすすめです。甘すぎないので安心して飲めます。

「頑固」

高齢者は自分の生活スタイルを崩したくないという方が多いです。

  • 「夏は暑いものだから多少の我慢は必要だ」
  • 「周りに迷惑をかけたくない」
  • 「クーラーで体の冷やすのは嫌」

などといった理由から無理をしてしまい、その結果熱中症になってしまうことがあります。

頑固じいさん、頑固ばあさんとはよく言ったものです。私の祖父も夏でも滅多にクーラーをつけません。

「なんで祖父は平気なんだろう?」とずっと疑問に思っていましたし幼い頃から夏に遊びに行くと常に暑かった思い出があります。

今も元気な祖父ですが、昔と違い最近の夏はどんどん暑くなってきているので少し心配です…。

スポンサーリンク

室内での熱中症への対処法

熱中症の約30%が家の中で起きています。特に熱中症になりやすい場所は、意外にも台所寝室です。

台所は立って作業をする場所なのでそのままめまいを起こしたり、寝室で寝ている時に大量の汗をかいてそのまま熱中症になってしまうといった例があります。

対処法としてはエアコンをつけて涼しくすることが1番なんですが、朝のまだ涼しい時間帯だったら部屋中の窓を開けて風通しを良くし、涼しい服装で過ごすのも良いです。

日中になり気温が高くなってきたらエアコンや扇風機をつけるようにしましょう。

とは言え上記でご紹介した通り、高齢者は暑さを感じにくかったり、頑固だったりするのでそんな時は温度計をプレゼントしてみてはいかがでしょうか。

各部屋に温度計を取り付け、「何℃以上になったら熱中症になりやすく危険だからエアコンをつけるようにね!」と熱中症の怖さを口うるさいくらいに説明しておくと効果的かもしれません。

そして、お風呂の前後の水分補給と就寝前には枕元に水分を置いておいたり熱中症の基本的な対処法の水分補給も忘れないように付け加えておきましょう。

高齢者が熱中症になりにくい快適な室温とは?

一般的には居間で28℃以下と言われていますが、うちの場合は台所と居間が同じ部屋にあるので、火を使うとすぐに温度が上がってしまうのでエアコンはもっと低めに温度を設定しています。

私が子どもの頃はあまりエアコンを付けないように言われていました。夏休み中も午前中は付けないルールがあったり…。そして付けても設定温度は28℃と学校でも習いましたが今ではそれは通用しませんね。

室温では、

  • 25~28℃が「警戒」
  • 28℃~31℃は「厳重警戒」
  • 31℃以上だと「危険」

とされています。危険って表示、なんか怖いですよね。油断をしていると室内で熱中症になってしまいます。

快適な室温にしていても身体を激しく動かしたり重労働をしたりすると体感温度はもっと高くなり、気付かないうちに重度の熱中症に陥っている事もありますので注意が必要です。

熱中症の恐ろしさを伝えることが大切!

高齢者の方々にとって「熱中症」という言葉はまだまだ聞き慣れない方が多いかもしれませんし、言葉は知っていてもどのような症状があるのか分からない方もいると思います。(これは高齢者に関わらずですが…。)

もう1度熱中症の症状をまとめておきます。

  • 危険度1:眩暈、立ちくらみ、筋肉痛など
  • 危険度2:頭痛、吐き気、身体のだるさなど
  • 危険度3:意識障害、まっすぐ歩けない、寒気がする、痙攣など

更に症状が進むと死亡してしまう例もあります。そしてその内の8割近くが65歳以上の高齢者なのです。

この恐ろしい事実をきちんと分かるまで説明することがやはり大切になってきます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?熱中症で亡くなる高齢者が多いという事は知っていましたがまさか8割も占めているなんてびっくりしました。

熱中症に対する正しい知識と対処法を知っておけば防げるものなので身の回りの高齢者の方々に呼びかけや注意をしていきましょう。

私も今度祖父の家に遊びに行った時は、娘を使って(祖父はひ孫にデレデレなので)熱中症への注意をいつも以上にしていきたいと思います。

スポンサーリンク

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送