ディズニーランド|赤ちゃんの休憩室や授乳室を事前にチェック!

ディズニーランド

赤ちゃん連れでも、そろそろアクティブな外出をしても大丈夫になってきたディズニーランド好きのママ必見の情報をご紹介します。

長時間になると、大人も赤ちゃんも疲れてしまい、ぐずついて余計に疲れてしまってディズニーランドが楽しめないとなると困りますよね。

赤ちゃんも参加して座って楽しむアトラクションや、ショーやパレードの際にどのような方法で休憩できるか?また、事前にチェックしておきたい休憩室授乳室をご紹介しますね!

スポンサーリンク

離乳食の赤ちゃんが食事しやすい場所は?

赤ちゃんも、家族も疲れをとるには美味しい食事がしたいものです。

赤ちゃん連れにおすすめのレストランや、あかちゃんが休憩&授乳しやすい場所を紹介します。

赤ちゃんのためのベビーセンター

ベビーセンターでは、おむつ交換・授乳室や離乳食も販売しているので安心です。

離乳食を持参した場合も、レンジ対応の容器を持っていればレンジで温めることもできます。

また、ミルクの赤ちゃんには水道水を一度沸騰させた70度以上のお湯がいただけるので、赤ちゃんのお食事確保は安心です。

ただ、長時間の休憩をする場所ではないので、そのへんはマナーを守る必要があります。

家族で別のレストランに立ち寄る前などに赤ちゃんのために落ち着いて食事させられる場所で離乳食をあげたり、おむつ交換したりすれば赤ちゃんも嬉しいですね。

スポンサーリンク

赤ちゃん連れで楽しく食事できるレストランは?

赤ちゃん連れでも入りやすく、パパママが休憩できる嬉しいレストランのおすすめをご紹介します。

ラッキーナゲットカフェ

トムソーヤ島の奥にあって、席数も多く比較的空いていますので穴場です。

赤ちゃんを連れて休憩するなら、混雑は避けたいのでおすすめです。

トゥモローランドテラス

席数がなんと1470席もあるのでゆっくりできますし、他と比較してもここなら長居しても大丈夫そうな場所です。

赤ちゃんと休憩しながら楽しめるアトラクション

ディズニーランド

赤ちゃんと一緒にディズニーランドに行くなら休憩ポイントを予め把握しておく必要があります。

休憩しながら、ベビーカーのまま入れる&抱っこで乗れるおすすめアトラクションはどのあたりなのか?ご紹介していきます!

ウエスタンリバー鉄道

アドベンチャーワールド内にあるウエスタンリバー鉄道は、ゆっくりと走行する機関車でディズニーランドの景色を楽しむことができますので、赤ちゃん連れでもおすすめです。

所要時間は15分で、1編成140名なので比較的に長時間待つといったこともないのは嬉しいポイントです。

蒸気機関車でアドベンチャーランド、クリッターカントリー、ウエスタンランドを一周でき熱帯のジャングルアメリカ西部を旅します。

暗やみを通り大きな音が出たりするので、驚いて泣く赤ちゃんなどは配慮してあげてくださいね。

オムニバス

ワールドバザール内にあるオムニバスは、アンティークなバスに乗って20世紀のニューヨークの街を見る事ができるコンセプトになっているアトラクションです。

2階建てのバスなので、高いところからの景色をお子さんに見せてあげると疲れもとんで癒されます。

所要時間は6分と少し短めですが、あまり人気のないアトラクションで定員33名なので、腰を下ろして小休憩するにはちょうどいいです。

イッツ・ア・スモールワールド

ファンタジーランド内にある子連れのファミリーに超人気なアトラクションです。

所要時間は10分とゆったり満喫するには十分な時間です。

1台につき20名の定員とやや少なめではありますが、他のアトラクションよりも稼働率が高いと感じられますので、長時間待たされるなどの問題はありません

ボートに乗ってヨーロッパからアジアなど、各国のエリアをまわり世界一周できます。世界の子供たちが民族衣装を着て、「小さな世界」を歌います。抱っこで乗れるので、赤ちゃんも一緒に楽しめます。

蒸気船マークトゥエイン号

ウエスタンランド内にある大型アトラクション。というか立派な蒸気船です。

所要時間は12分で、定員がなんと475名!ディズニーランドで最大の収容人数です。

このアトラクションの利用は開園1時間後からなので、開園直後に行って時間を無駄にするようなことだけは要注意です。

3階建ての蒸気船は1階までならベビーカーのまま入れるので、寝ている赤ちゃんにも安心して乗せられます。水上の宮殿といわれていて、アメリカ河を一周できて夜もラットアップされて、とても綺麗です。

トゥーンパーク

トゥーンタウン内にある体験型アトラクションで、小さな子向けの公園になります。

ベンチもあるので休憩もできますし、遊んだりできるので大人の方もゆっくり座りながら見守れます。

星の形や、動物の形の彫刻があって、くぐったり乗ったりして楽しめます。ここで一日過ごせちゃうかもしれませんね。

パレードの場所取り時間で休憩!

ディズニーランド

パレードの場所取りは開始1時間前からできるので、ベビーカーで赤ちゃんが寝ている場合は、そのままパレート待ちのときに休憩しちゃいましょう。

ベビーカーから降ろして寝かす方は、レジャーシートなど引いて季節に応じで更に1枚ブランケットなどを引いてあげましょうね。

地面は固いのでお子さんが寝やすいように、工夫してあげてください。

  • 夏場:日傘などで、顔など紫外線が直接当たらないようにする。
  • 冬場:分厚いひざ掛けや、風を通さないものをかけてあげて寒さ対策してください。

空調がある館内ショーで休憩!

夏や冬など野外で長時間辛い事があります。そんな時は空調がある館内ショーなら休憩しながらショーも楽しめてお勧めです。

しかし、事前に予約しないといけないのもありますので注意が必要です。

当日でも急なキャンセルが出たりするので、スマホで小まめにチェックしておきましょう。

おすすめ館内ショーは、

  • リロのルラウ&ファン
  • ミッキー&カンパニー
  • ワンマンズ・ドリーム2
雨の日はたいへん混雑するので、気を付けてくださいね。

赤ちゃんのお昼寝・日帰りの場合と宿泊の場合は?

日帰りの場合のお昼寝

車で来ている人は、駐車場まであまり遠くなければ一旦車に戻って車内で休憩するのもアリです。

ただ車内が狭い場合ゆったり寝ころばせるのが難しいと逆にぐずって寝なくなることもあるので気を付けましょう。

一時的に園外に出るときは、出口で手にスタンプを押してもらうことを忘れないでください!再入場できなくなってしまいます。

宿泊する場合のお昼寝

ディズニーランドの入口に近いので、デイズニーホテルがお勧めです。

一度ホテルに戻ってゆっくり寝かせてあげれば、パパママも赤ちゃんもみんなで閉園時間まで楽しめます。

ディズニーホテルのチェックインは15時からなので、お昼寝のタイミングが合えばいいですね。
ディズニー・チケット

まとめ

赤ちゃんも1日中ディズニーランドにいるのは疲れます。無理はせずに子供優先でディズニーランドを楽しみましょう。

季節によっては空調の効いた場所なら快適ですし、疲れません。大人の都合より、赤ちゃんの体調や機嫌に合わせて楽しみましょうね。

スポンサーリンク

新しい製法で誕生した『第3のハチミツ』

今までの常識をくつがえした、果実風味第3のハチミツとは?

※人気記事※
→ 第3のハチミツは通販可能?|ヒルナンデス2017年7月12日放送